No Function, No Performance.

Know Function, Know Performance.

 

パフォーマンスを向上させるには?機能を向上させるには?

 

運動機能をマネジメントする上では、根拠に基づいた「Human Movements System」を

理解する必要があります。

Performance Enhancement(パフォーマンスの強化)にあたって

「Movements:動作」は、今や欠かせないキーワードとなっています。

 

本セミナーでは、㈱Best Performance Laboratory が実践している

Performance Enhancement のためのコンディショニング理論を基に

 動作評価とCorrective Strategy(改善のための戦略)の考え方

Movement Preparation, CORE Training, Plyometrics, Strength Training, 等

各ユニットごとの実践方法

 

上記の内容をプログラミングの実例に沿って御紹介致します。

 医療、フィットネス、スポーツ現場など「運動」「身体」という

共通のキーワードに携わる方々にとって、

現場で活かせる有益な情報をお届けさせて頂きます。

 

講師:桂 良太郎

株式会社 Best Performance Laboratory 代表取締役

 

現在、都内でパーソナルトレーナーとして、老若男女問わず、パフォーマンスアップ、

競技復帰のためのコンディショニング、運動機能障害改善のためのコンディショニングなど、

多くのクライアントにコンディショニング指導を行っている。

関東圏のみならず、全国各地からも多くのクライアントが指導を受ける為に上京し続けている。

 

2つの大学では、それぞれ、ストレングスコーチ、アスレティックトレーナーとして

選手のパフォーマンスアップ、機能障害のマネジメントを行う。

 

MPO MET 人材育成部門のスタッフとしては、医師、理学療法士、柔道整復師ら

スポーツと医療の専門家と共に、正しいトレーニング理論の普及啓蒙に努めている。

 

トレーナー育成事業として、複数の法人企業では、

テクニカルアドバイザーとしてトレーナー育成やプログラム開発を全面的にサポート。

自社では、Mentorship Programとしてアカデミー形式の育成を行っている。

全国各地で開催しているトレーナー育成セミナーや講習会での指導は、

分かりやすく、熱血であると定評がある。

他、メディア出演、監修、執筆多数。

 

実践なくんば、証明されず。

証明なくんば、信用されず。

 

どれだけ忙しかろうが、自身の鍛練は怠らない。

「実践し、体現する」ことを哲学に、日々活動している。

 

■保有資格

NSCA-CSCS

JATI-ATI

NESTA-PFT

国際救命救急協会アドバンスインストラクター

 

http://www.best-performance.jp/