アスリートと一般の方のトレーニングの違いはなんでしょうか?アスリートのトレーニングは派手なものが目立ちますが、実際は細かく地味なトレーニングをコツコツ積み上げています。そこで重要なことは、ただエクササイズをこなすのではなく、自分で自分のカラダを機能的に、思い通りにコントロールする感覚を身に付けることです。これはアスリートでだけでなく全ての方に必要です。

 

この感覚を自分のものにするためには、まず怪我をしないカラダのための姿勢「ニュートラルポジション」とパフォーマンスに直接関係する姿勢、「パワーポジション」を体得すること。そして、この2つのポジションでは「2つのコア(首周辺と下腹部)」がポイントになります。下腹部のみに集中していたコアを首周辺にも作ることによってカラダへの感覚が変わります。

 

今回のセミナーでは様々なバリエーションのコアスタビリティトレーニングを通じ、頭で理解した2つのポジション、2つのコアをいかに正確に体現できるようにしていくか、スポーツの現場で培ったノウハウを元に実技中心でお伝えします。スポーツ愛好家、アスリートは言うまでもなく、全てのクライアントの力になれると思います。

 

運動できる服装でご参加ください。

 

講師:菅原 順二

Body Element System Japan ディレクター/ NESTA Japan テクニカルアドバイザー

1978年生まれ、東京都出身

 

法政大学ラグビー部でプレーした後、「世界最高峰でラグビーがしたい!」と思い、単身ニュージーランドへ渡り、2シーズンプレーする。帰国後、法政大学ラグビー部のヘッドフィジカルコーチとして活動を開始、その後も小学生から社会人まで様々なチームのコーチを歴任。ジュニアへのラグビーの普及・育成をライフワークとしている。

 

プレイヤー時代から体幹(コア)の重要性を感じ、また怪我に苦しんだ時にピラティスに出会い、「理想の姿勢と無駄のないカラダの使い方」を追求。そして09年イタリアに渡り、マスターストレッチ・ボディキーを学ぶ。

 

現在はtraining studio aranciaの代表として、パーソナルトレーニングを中心に活動している一方、ピラティス・マスターストレッチ・ボディキーの指導者育成・普及・ワークショップの企画・運営にも携わり、テレビ、雑誌の監修も多数。

 

■保有資格

全米公認ストレングス&コンディショニングスペシャリスト(NSCA-CSCS)

Body Element Pilates マスターティーチャ―

BodyKeyマスタートレーナー

MasterStretchマスタートレーナー

日本eコーチング協会ベーシックパフォーマンスアナリスト(CBPA) 

TRX Suspension Training Course (L1)

ViPR インストラクター

 

http://www.body-element.org/
http://www.arancia78.jp/