個々に合わせたオーダーメイドのトレーニングプログラムを提供するには、事前にその人の身体を評価することが必要である。

身体の機能を評価する際には、アライメント、フレキシビリティ、ストレングス、スタビリティ等々多項目にわたってチェックする必要がある。そのなかで、機能的(ファンクショナル)な動作が適切に行われているかを評価する際のポイントは、各関節の機能を1つひとつ確認するのではなく、「動作」として機能しているかを評価することが重要である。そのうえで必要なことは、「動作」を機能解剖学的、関節生理学的に分析することである。このように身体の状態を正確に評価する方法を

ファンクショナルテストという。

  本セミナーでは、ファンクショナルテストを用いた身体評価法の理論と実技を行う。

 

講師:鈴木 岳

アスレティックトレーナー/株式会社R-body project代表取締役

 

当時日本では馴染みのない「アスレティックトレーナー」という仕事を求め渡米。専門的なスポーツ医学を学ぶべくワシントン州立大学に入学。全米公認アスレティックトレーナー(ATC)の資格を取得し、同大学を卒業。帰国後、1998年より全日本スキー連盟フリースタイル(モーグル)チーム専属トレーナーとなり、ソルトレイク・トリノ・バンクーバーオリンピックでの上村愛子選手、里谷多英選手の活躍を支える。同時に筑波大学大学院にて「トップアスリートのコンディショニング」を専門領域とした研究にも従事し博士(スポーツ医学)号を取得。2003年12月、トップアスリートレベルのサービスが誰でも手軽に受けられる施設作りを目指し、株式会社R-body projectを設立。トップアスリートはもちろん一般の方を対象に、一人ひとりに合わせたカスタムメイドのアスレティックリハビリテーション、コンディショニング指導を提供する施設を運営している。その傍ら、スポーツ医学書の翻訳やトレーニング理論やアスレティクリハビリテーションに関する執筆なども行い、現在では体の機能向上のための「ファンクショナルトレーニング」に関するセミナーを多く開催している。また、経営者という立場からスポーツクラブマネジメントに関する講演活動も全国各地で行っている。現在では、後進の育成にも尽力し、2011年4月からトレーナー養成機関「R-body Academy」も開講。

 

ワシントン州立大学卒(1997)

筑波大学大学院博士課程修了(2008)

公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC)情報・医・科学専門部会部会員
全日本スキー連盟情報・医・科学部医・科学サポート委員会トレーナー部会長
筑波大学非常勤講師
筑波大学スポーツResearch & Developmentコア学外研究員
国立スポーツ科学センター 非常勤トレーナー
東京都ジュニアアスリート発掘・ 育成事業
全日本スキー連盟フリースタイルチーム(モーグル)専属トレーナー,第19・20・21回オリンピック冬季競技大会(ソルトレイク・トリノ・バンクーバー)
ロンドンオリンピック日本代表選手団本部メディカルスタッフ

 

■保有資格

博士(スポーツ医学)
全米公認アスレティックトレーナー(NATA-ATC)
全米公認ストレングス&コンディショニングスペシャリスト(NSCA-CSCS)
日本体育協会公認アスレティックトレーナー(JASA-AT) 

 

http://www.r-body.com/