①「骨盤機能の評価とアプローチ」

体幹を構成する「骨盤」はスポーツ動作や一般の方の日常生活動作において主要となるエリアで、体幹はもちろん全身状態に影響を及ぼす。

今回は、Lumbo-Pelvic-Hip(脊柱ー骨盤ー股関節複合体)における骨盤の状態の評価とアプローチをご紹介いたします。

 

<具体的な内容>

■骨盤の構造と機能

■Lumbo-Pelvic-Hipの評価

■Lumbo-Pelvic-Hipと腰痛の関係

■Lumbo-Pelvic-Hipのモビリティとスタビリティを考慮したアプローチ

 

受講していただいた皆さんが更に学びを深め、実践力をアップしていただける超実践型アウトプットセミナーです。

皆さんとの新たな出会い、そして学べる事を楽しみにしております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

②「実践に活かすコアの機能解剖学」

近年、「体幹/コア」に対する認知度が高まり、アスリートだけでなく、一般の方々まで様々なトレーニング法が実践されている。このような、社会の流れの中で、トレーニング指導に関わる私たちにとって、解剖学は「知っている」だけでなく「実践に活かす」ことが重要となってくる。そこで、今回は体幹トレーニングを指導する上で理解しおくべきコアの構造と機能を頭だけでなく、実際の動きを通して身体でも体感していただく内容となっております。

 

<具体的な内容>

■コアの筋群(腹横筋、多裂筋、骨盤底筋群、横隔膜)の解剖学的特性と臨床との関連性

■脊柱の運動特性

 

の理論と実践をご紹介いたします。

コアトレーニングフェスタ2011のコンセプトは「新たな一歩を踏み出そう」です。解剖が苦手な方はこの機会にチャレンジし、好きな方は更に学びを深めていただければと思います

 

講師:坂元 大海

アークメディカルジャパン株式会社 代表取締役

日本ピラティス指導者協会(JAPICA) 代表理事

 

理学療法士として10年間、整形外科で実績を積み、2011年12月にアークメディカルジャパン株式会社を設立。アスリートはもちろん、一般の方々に対し、リハビリテーションやコンディショニングを行う施設を運営している。トレーナーとしても国際大会やトップアスリート、プロ選手に対する実績を持つ。また、久留米大学、九州共立大学などアカデミックなエリアの指導や、セミナー講師としての活動も全国各地で行っている。

 

 

 

 

■著書

「ツボ単」共著

「やせる言葉」共著

「骨肉腱え問」共著

 

■保有資格

 

理学療法士
鍼師、灸師
柔道整復師
日本体育協会公認アスレティックトレーナー
日本ピラティス指導者協会公認マスターコーチ

 

http://ameblo.jp/core-factory/