65歳以上のシニアの人口率が20%を超え、世界一の高齢社会となった日本。

自立した生活のできるシニアを増やし(健康寿命を伸ばし)、シニアの快適な生活をサポートできるトレーナーが今求められています。

 

前半は、脳トレ、ストレッチ、レジスタンストレーニング、バランストレーニング、コーディネーショントレーニング等、様々なエクササイズを適切に組み合わせ、シニアの身体機能を向上させる考え方を学び、後半は、上記の中の「コーディネーショントレーニング」にフォーカスした実技を中心に行います。

 

1960年代に旧ソ連、東ドイツで生まれたコーディネーショントレーニングは、脳-神経系の働きを活性化させ、情報処理能力を発達させます。特に、モノを扱う能力や周囲の状況に対する反応(リアクション)能力、空間を把握する能力などが向上するので、転倒予防にも効果的です。また、楽しく行えるので、情動面への効果も絶大です。

 

多くのシニアのクライアントの方が、1990年代後半から10数年このトレーニングを継続しており、快適な生活を送っています。本年リリースされた「NESTAシニアフィットネスプログラム」にも採用されているメソッドですので、ぜひこの機会に体感して下さい!!!

 

講師:斉藤 邦秀

NESTA(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会)日本支部副代表。(有)Wellness Sports代表取締役。メディカルフィットネスフォーラム理事。東京学芸大学教育学部健康スポーツ科学学科卒業。

幼少時代から、スキー、水泳、野球、陸上、サッカーなど様々なスポーツに明け暮れるが、高校時代に陸上三段跳びで大怪我をし、選手としての道を断念。怪我のリハビリの経験により、大学時代からスポーツトレーナーを志し、競技スポーツとフィットネスの分野でトレーナーとして活動をはじめ、大学卒業後に本格的にスポーツトレーナーへの道を進む。

1998年より、様々なアスリート・スポーツチーム、芸能人のトレーナーとして活躍の後、2004年に独立。2006年(有)Wellness  Sports設立。 「ライフスタイルコーチング」の理念を掲げ、老若男女問わず、アスリートから低体力者までの幅広い層に対してトレーニング指導・コーチング・健康作りのアドバイスなどを行う。

2007年4月、アメリカ・ロサンゼルスに本部を置くパーソナルトレーナーの資格認定団体であるNESTAを迎え入れ、パーソナルトレーナーのライセンス発給ビジネスを開始する。また、スポーツトレーナーとしての知識・経験を総動員し、人材育成や教育コンサルティング、プログラム開発にも力を注ぐ。ITフィットネスのプログラム開発にもいち早く参画し、au携帯サービス「Smart Sports Fitness」「Karada Manager」のエクササイズの総監修を行う。

2010年、NESTA JAPANの副代表に就任。現場指導、プロジェクトリーダー、経営とマルチな分野で活動をしつつ、近年は自らの私生活での経験を生かし、幼児の運動能力開発、パパ達のメタボ解消、ママ達の産後リカバリーダイエット、ランニングサークルなど様々なコミュニティーのトーレナー・アドバイザーとしても活躍。

 

http://www.nesta-gfj.com