グレイインスティチュートのApplied Functional Science に基づいたこのクラスでは、コアのダイナミックな動きにフォーカスをおいて、コアの機能とパフォーマンスを3Dに探究します。

コアの筋肉群を個別に捉えるのではなく、いかにコア全体が統合されて、フォースを伝達し,動きをコントロ-ルし、そして動きをうみだすのか?に注目。

素早いダイナミックな動きとニュートラルな背骨の維持、というコンセプトの関わりもカバーします。

このクラスは、レクチャーでのディスカッション部分と、参加者の皆さんに多面的な負荷に対してコアが、実際にどのように対応するのか、を感じていただくためのハンズオンのアプリケーションを織り交ぜながら進行していきます。

現場の指導にすぐ活かせる情報が満載!!

 

講師:Travis Johnson (トラビス・ジョンソン)

20代後半から、慢性的な股関節痛が原因で、長期にわたりスポーツの活動を制限しなければならない時期を経験しましたが、試してみた数々の通常の医学的なアプローチは,どれひとつ,問題を解決することにはなりませんでした。自分自身の問題解決のために人間の動きとその機能に深く関心を持ち、2001年頃にファンクショナルトレーニングのコンセプトに出会って以来11年間にわたって、世界でも著名な指導者達から学び続けています。

妻、谷佳織と共に、港区白金台でパフォーマンスセンターSYNERGYを運営するかたわら、釜石シーウェイブス

 RFCのストレングス&コンディショニングコーチを務め、機能解剖学,バイオメカニクス、パフォーマンスをテーマにしたセミナーを日本各地で指導させていただいています。

テクニックではなく、その基礎となる基本原則を重視します。

より多くの指導者の皆さんに、柔軟な頭で、自分自身で考えることの大切さを伝えていきたいと思っています。

 

■保有資格

 

FAFS/Gray Institute

CPT,PES,CES/NASM

CHEK EXERCISE COACH

NIKE GOLF NG360 GPS

 

http://synergycenter.jp/